押入れから出てきた私の過去の汚点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
worried-girl-413690__180

夏休み中の娘が泊まりで出かけていたので、その間に押入れの整理をしました。

軽い気持ちで始めたのに、出てきたのは誰にも言えない私の過去のある出来事に関する書類。

誰にも言えないといっても、夫はある程度のことは知っているし、その当時の関係者のかたはまだ覚えているだろう。

 

私にとって今も残る心の大きな傷。

その原因となったある出来事の関係書類。

結婚前の話だけど、書類は捨てられず残していました。

 

今回、その書類を見つけた時点で私の心はズキッとしました。

今まで捨てられなかったのは、その書類をどうしても見ることができなかったから。

だまされた自分、迷惑をかけた自分が恥ずかしくて情けなくて悔しくて、封印したい過去だったからどうしても見ることができずにいました。

 

見つけた書類をそのまま押入れに封印しておくこともできたけれど、もういい加減処理しよう。

そう思って、その書類たちをシュレッダーにかけることにしました。

 

シュレッダーにかける前に書類にざっと目を通しましたが、

いろんなことを私が忘れていたことに気づきました。

そして記憶のあいまいさに愕然としました。

 

それと同時に、自分ってこんな人間だったな~と過去の最低な自分を思い出しました。

 

過去のひどい自分のことをすっかり忘れていたから、いま幸せ~って思えてたなぁと呆れました。

 

 

これを読んでる人には「なんのこっちゃ」でしょうね。

すみません。

 

 

半日かけて書類はシュレッダーにかけました。

読みながら苦しくなってつらかったけれど、

もう済んだことだと自分に言い聞かせました。

 

 

そしてある程度は知っているにもかかわらず私を受け入れてくれた夫に感謝の気持ちが湧いてきました。

 

 

私のことを今も許せない人がいると思います。

私も心から許せていない人がいます。

あのとき私は被害者であり加害者でもありましたから。

 

憎まれ憎んでグッチャグチャでした。

 

でも、自分で自分のことは責め続けられませんでした。

責め続けていたら今の私はありません。

 

 

 

今もこうやって文字を入力していると胸が苦しいです。

息ができない感じです。

それくらい私自身も傷ついた出来事でした。

 

傷つけたことより傷ついたことをよく覚えているのです。

 

 

 

私ってそういう人間なんだなー・・・
思い出したので反省します・・・

読んでいただきありがとうございます。
ポチっと押していただけると更新のはげみになります^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。