人生を変える最初の一歩

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shoes-770420__180

生きているのがしんどくてつらいとき、

私はジッと自分のカラに閉じこもっていました。

 

外に出て、人とかかわるのがコワかった、

というより

人とかかわって自分が傷つくのがコワかった、かな。

だから、職場と家の往復で、

ただ、つらいつらいと泣いていました。

 

 

若いときはもっと浅く広く人付き合いしてたんですけどね。

30歳くらいのときに人にだまされてから人間嫌いになり、誰のことも信用しなくなりました。

 

 

生きているのがつらいのが子どものころからだったから、もうその時間が長すぎて、何が原因で自分がつらいのかも訳わからなくなりました。

 

 

 

親が嫌い。

仕事が嫌い。

あの人が嫌い、悪い。

しまいには

社会が悪い。

政治が悪い。

 

 

「嫌い」と「悪い」しかない世界に生きていました(笑)

 

 

そんな私が変わり始めたきっかけが、2014年に仕事を辞めたこと、です。

 

病気で仕方なくの退職でした。

 

 

退職してしばらくは、

まだ「○○さんが悪い・嫌い。○○さんのせいで病気になった」って言っていました。

 

 

 

退職がきっかけで、少しずつ私は変わっていきました。

 

 

 

2016年に入ってようやく外の世界に行ってみる勇気がでてきて、

セミナーやワークショップ、ライブに行きました。

資格取得講座も。

 

 

お金を使って今まで行ったことがないようなところに行って、

あーお金を無駄にした、と思うこともあったけれど、

外に行くことでだんだん自分のことがわかってきました。

好きだと思っていたけれど私はこういうことがしたいんじゃないな、これは合わないなっていうのも実際に体験してみて気づきました。

 

 

 

今も家にひきこもっているのが一番好きです。

家にいると落ち着きます。

 

 

でも、時々出かけていくのもいいと思っています。

とくに、自分が興味がある内容のセミナーはいいですよ。

自分と同じものに興味がある人が集まっていますので、それだけでなんだか安心します。

お金はかかりますけどね。

 

 

 

 

お金といえば、

私は、自分のためにお金を使うことが苦手でした。

 

形として残らないものに対するお金は使えませんでした。

たとえばマッサージ。

そのとき気持ちいいだけで、何も残らないからもったいないって思ってました。

セミナーも「どうせ行ってもかけた費用分の学びを今後の自分に活かせない」って思ってました。

 

 

ただ自分を喜ばせるだけのためにお金を使うなんてぜいたくだ。

そんなぜいたくをしてはいけない。

そう思っていました。

 

 

そんな考え方が悪いとかじゃないです。

 

でも、私は

「自分を喜ばせよう」

「自分の気持ちを大切にしよう」

やりたいことをやってみて、

行きたいところに行ってみて、

それで損してもいい、と決めました。

 

 

食べたいものを食べる。

行きたいところに行く。

 

 

そんな小さなことから

「自分を満たす」ことを始めました。

 

 

生きているのがつらくて苦しい人は、

今すぐにはそんなことができないかもしれないけれど、

少しずつはじめてください。

 

 

自分を満たすこと、大切にすることは、

自分勝手でもわがままでもありません。

たとえ他人に「わがままだ」と言われても、それはいいのです。

言わせておけ、です。

その他人は本当の意味ではあなたを救ってはくれません。

 

 

外に自分を満たすことを求めても、苦しさは解決しません。

私はコレばかり何十年もやってきました。

だからこそわかります。

こたえはすべて自分の中にあります。

自分の声をきいてあげてください。

 

 

あなたがいま食べたいものは何ですか?

あなたがいましたいことは何ですか?

 

 

自分との対話。

それが人生を変える最初の一歩です。

 

 

いやなことをやめるのも、勇気はいりますが重要です。

まずはイヤなことをやめてみる

 

 

 

読んでいただきありがとうございます。
ポチっと押していただけると更新のはげみになります^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。