生きづらさがふっとぶ考え方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
butterfly-1127666__340

人間は大きく分けると二種類に分けられる。私はどっちだ?という記事を以前書きました。

 

私はど後者です。

なのに、ずーっと前者だと思っていました。

それが生きづらさの原因でした^^;

 

 

●人の話を聞いてて、頭がシャットダウン(真っ白)になるか?

・怒られたり失敗したり、あせったときにすぐにパニック(混乱)になる
・難しい話や、まくしたてられると心の中にシャッターが下りて「しまう」
・思考がすぐにどこかに飛んで行って「しまう」
・説明を受けたり怒られている最中に、うわの空で他のことを考えて「しまう」

 

この質問の例にひとつでも「イエス」があれば、後者。

NO! ならば前者、という判断です。

 

元記事は心屋仁之助さんのコレ

■【永久保存版・全体概要】前者・後者は世界を救う?! 前者後者ってなんだ?

 

 

 

 

この「前者後者」論は、
いま生きていてつらい人にはぜひ知って欲しいと思います。

 

つらさを感じている人は、おそらく「自分が悪いんだ」って自己否定していると思うんです。
でもね、本当は違うんです。
だーれも悪くない。

 

ただ、自分がどちらの種類の人間か正しく把握してないだけ。

 

 

本当は前者なのに、後者だと思っている。
もしくは後者になりたいと思っている。

 

本当は後者なのに、前者だと思っている。
もしくは前者になりたいと思っている。

 

 

努力すれば前者が後者になれる、後者が前者になれる。
そういうものではないそうです。

 

ただ、自分がどちらの人間か把握して、
それを受け入れて自分らしく、前者は前者らしく、後者は後者らしく生きる。

 

そうすると、とたんに生きることが楽しくなります。

 

私は気持ちがラクになりました。

 

 

心屋仁之助さんのブログを見ている人なら
すでにご存知のこの「前者後者」論。

 

 

もし、まだ知らないって人がいたら、
絶対知ったほうがいい!と思ってまた記事を書いています。

 

あっ、生きててメチャクチャ楽しい人は知らなくていいですよー。
まぁ、そういう人はこのブログ読んでないでしょうが。

 

 

ど後者の私がそうそう!と思った記事】

【前後】前者・後者はスイッチで考えてみる

→スイッチが入っているときと入っていないとき。
私は別人のようです。
そして、年々スイッチを入れるのがしんどくなってきましたー。

 

後者の言語化

→言語化、苦手です。

 

 

こういうことを書くと、
「根拠はなんですか?」とか言う人がいます。

うーん、根拠いります???

 

生きづらい人が少しでも生きやすくなるために
「こういう考え方もあるよ」とお伝えしたいだけです。

 

根拠は?なんて言ってないで、
人生を楽しむことを追求しましょ。

 

 

どうしても根拠があるものしか信じられない!のなら、
勉強していただくしかないですね。

 

 

 

読んでいただきありがとうございます。
ポチっと押していただけると更新のはげみになります^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。