人生に疲れている場合じゃないよぉ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OHT94_bokusourolltoaozora_TP_V1

「人生疲れた 40代」

このワードで検索して、当ブログにこられるかたが一定数・・・

 

 

人生疲れたって、
それ、がんばりすぎじゃないでしょうか??

 

自分に合わない環境にいるのに無理している、とか。
自分より他の人の気持ちを優先している、とか。

 

 

単に今日は疲れたー
じゃなくて、
人生疲れたって・・・

 

人生なんてそんなもんって思ってませんか?

 

 

 

 

違いますよ。

 

 

少なくとも私は違います。

 

いま生きていることがすごく楽しいし、
生かされていることに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

私、こんな状態でずっと生きてきてたら良かったんですけどね。
残念ながらこの境地に至ったのは最近の話で^^;

 

秘訣は、
自分の気持ちを何よりも大切にしてあげる。

これだけです。

なんだそれ?
ですか?

 

でも、こんな当たり前のようなことができてないんじゃないでしょうか?

私はずーっとできてませんでした。

だって、子どものころ、母に
「わがまま言うな」
「自分勝手やな」
って怒られていたからー。

 

自分の思い通りに言ったり行動したらダメなんだって思ってた。
他人様を大切に。
自分のことは後回し。

それでも「わがまま」ってよく言われたけどね。

 

でも、そんな生き方で人生楽しいはずがない。

 

私は人生波乱万丈だったんだけど、
それって自分を大切にしていなかったことが原因でそうなったんだなって今は思う。

 

他の誰かのせいじゃなく。
自分が自分を大切にしていなかったから問題を起こしてしまった。

 

 

それが、

自分の気持ちを毎瞬毎瞬 確認しながら、
私はいま何がしたい?
私はいま何が食べたい?
そうやって自分のご機嫌をとることを習慣化させてきたら、
生きている、それだけでありがたくなった。

 

そんなの、いま働いてないからでしょ。
そう思う人もいるかもしれない。

 

私みたいに働くことが向いていない人はそうかもね。
でも、働くことがそんなにイヤでもない人もいる(私の夫はそうらしい)。
働きたい人もいる。

 

だから、働いているかどうかが問題なんじゃなくて、
自分に合った生き方を選択できているかが重要なんだと思う。

 

私は、学生時代に
「働かずに生きて行きたい」って思った。

でも、「そんなのあり得ない!」ってすぐにその思いを否定し打ち消した。

 

そして公務員になり、転職して会社員を経験した。
約20年働いてわかったのは、私は労働者は向いていない、ということ。
まぁ、実際に働いたからこそわかったんだけど。

 

要は、
向いてないこと、合っていないことをして生きるのは
苦痛でしかないよね、ってこと。

 

もし、私みたいに働くことが向いていないなら、
働かずに生きる方法を真剣に考えてみる。
働く時間をできるだけ短くする生活を選択する。
(こういう人もいます⇒週休5日、家賃税金含め月7万円生活
養ってくれる人を見つける、でもいいかも。

 

 

私もまだ完璧には
自分の気持ちを大切にできていない。

 

だから一緒に自分を大切にすることを始めませんか。

 

それが「人生疲れた」から抜け出す第一歩だと思うから^^
 

 

読んでいただきありがとうございます。
ポチっと押していただけると更新のはげみになります^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。