まずはイヤなことをやめてみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
labrador-380800__180

死にたい。

 

そんな言葉でこのブログに来られる方が多いです。

 

人生に疲れている人がたくさんいるのですね。

 

 

私もそんな「人生に、生きることに疲れていた」人間なので、

少しは気持ちもわかるって思ってました。

 

 

でも、死にたい理由は人それぞれ。

本当の理解は難しいです。

ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

私が初めて「生きること・これからも生きていくこと」に絶望を感じたのは子どものころ。

まだ小学生でした。

そのころから30年以上、心にいつも寂しさ空しさを抱えて、いろんな問題を起こしてきた私です。

 

 

でも、最近は生き方のコツというか、こう生きれば自分がラクになるなーっていうのがわかってきました。

 

まずは、どうしてもいやなことをやめてみる、です。

 

 

そんなこと?

はい。

そんなことです。

 

 

でも、この「そんなこと」がどうしてもできない人がいるんです。

自分が「イヤ」だからって理由だけで、何かから逃げるってことに抵抗がある人がいるんです。

 

 

私もそうでした。

私の「どうしてもイヤ」なことは仕事でした。

約20年、ガマンしました。

少なくても定年までは働かなければと思っていましたが、ガマンしきれず病気で強制終了。

 

 

イヤでイヤで仕方なかった会社に行かなくてよくなって、ホッとした気持ちもあったけれど、働けなくなった自分に嫌気がさしたり心がザワザワした時期を過ごしました。

 

 

 

でも、今は、やりたいことが見えてきて、生きてて良かったって思っています。

 

 

もし、イヤだと思いながらも仕事を続けられていたとしたら、今のような穏やかな気持ちを知らずにずっと苦しいままだったかもしれません。

 

 

何かをやめる、そこから逃げることって、勇気がいることだし不安ともたたかわないといけないけれど。

 

死にたいと思う人にとってまず必要なことなんじゃないか、と思うわけです。

 

 

 

私にとっての「どうしてもイヤなこと」は仕事でした。

死にたいあなたにとっての「どうしてもイヤなこと」は何ですか?

 

 

 

 

読んでいただきありがとうございます。
ポチっと押していただけると更新のはげみになります^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。