不満や不安のエネルギーは希望のエネルギーに転換する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HIRA85_gussurineteiruosuneko_TP_V

私は学校卒業後、ずっと働いてきた人間です。

「働かない=生きていけない」の思考の元、イヤだイヤだと思いつつ働いていました。

メチャクチャ嫌だったのに、どうしても辞められなかったんですよねー。

でも、病気になっちゃって、2014年6月に退職しました。

 

その会社にね、顔を出しました。

もう仕事から離れているので、お気楽に。

みんな元気?って(笑)

 

 

 

 

私の後任者は、私より少し年下の男性。

「仕事内容がすごく気に入って転職してきた」と聞いていました。

本人に話を聞いてみると、

「最初はそうだったんですけど、労働条件が聞いていたのと全然違うから後悔してます」って^^;

 

 

彼、「給料は公務員並みで、自分のペースでやりたいことをどんどんしていい」って言われてたみたい。

 

 

実際は、給料は手取り15万円未満。

就業規則にある賃金表に、学歴や前職換算当てはめるとそうなってしまうらしい。

そして、残業や休日出勤がやたらと多い。

 

今月なんてひと月の休みがたった5日って言っていました。

土日いれて5日です。

ひゃー、ひどい。

 

 

第三者的に話を聞いていると、

「あっ、便利に使われてるな」

それしか思わないわけです。

 

 

彼は、一生懸命愚痴ってきます。

自分のつらさをわかってくれるのは私だけだと言って、泣き言を重ねます。

 

だけどね、上司とのやり取りを聞いていると、何も断らない。

「はい、そうですよねー。わかりました!」って調子を合わせてるだけ。

それで、

「またあの人が勝手なこと言ってきましたよ」って愚痴られても・・・

です。

 

 

でも、私も働いていたときは彼みたいな感じでした。

イヤだって言えなかったんですよね。

病気になる数ヶ月前からはだいぶ言えるようになってたんですけど、不満が大きすぎていつも心の中にストレス爆弾を抱えていました。

 

 

後任の彼には

「仕事内容の精査をしないと心も体ももたないよ」って言っておきました。

調子を合わせている限り、今より仕事が増えることはあっても、減ることはない。

手取り15万円未満でこき使われる彼の未来。

「先が見えません」

って言ってたけど、ほんとだよ。

 

 

しっかし、私あんなことよくやってたなー。

私は20万円以上もらってたし、泊まりの出張なんかはほとんど断っていたけれど。

給料倍あげるって言われても、もうできないよ^^;

 

 

これが、自分のやりたいことだったら、違うんだと思う。

彼も「これがやりたかったんだ!これが生きがいだ!」ぐらい思えないと、しんどい・つらいと愚痴ってばかりの日々になりそう。

 

 

仕事は

生きるために割り切ってする。時間を決めて。

か、

やりたいことだから、長時間でも苦にならない。

 

どちらかじゃないと続かないですね。

 

 

 

他人事のように後任者の仕事を眺めてきて 改めて感じたのは、

イヤだと思う世界にいても、幸せにはならないなーということ。

 

 

愚痴りたくなるような環境にいても、なーんも良いことないな。

そう思いました。

 

やっぱり、イヤだと思うところからは離れるしかない。

 

不満だ不満だ不満だー!!!

そう思いながら生きていくなんて、めっちゃムダ。

 

 

私は、病気というかたちでしか、その環境から離れられなかったけど、

他の人は健康なうちに生き方変えてほしいと

本気で思います。

 

160220

 

 

「苦労せな生きていけへん」

なんて教えはいらんかった。

 

 

不満や不安のエネルギーをそのままにせず、

「じゃあ、自分はどうしたいの?」って自問し、

希望のエネルギーに転換する。

 

これこそが必要な教えだった・・・

 

 

死にたいって検索して来てくれる人、

死にたいって思う環境に自分を置いておかないで。

逃げても、誰かに頼ってもいいから、環境変えよう。

 

ただ生きていることが幸せだーって、

そんな人生もあるんやでー。

 

 

読んでいただきありがとうございます。
ポチっと押していただけると更新のはげみになります^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。