「わがまま・自分勝手」はほめ言葉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
chile-house-1115590__340

子どものころ、母によく言われた言葉。

それが、

「わがままやな」

「自分勝手やな」

 

 

いつも怒られながら言われたので、

アカンことだと、

恥ずかしいことだと、

思ってた。

 

 

 

毎日怒られて、

しかもなんで怒られてるかわからなくて。

自分のどこがわがままで、

言ったことのどの部分が自分勝手なのかわからなくて、

悩んでた。

 

「どこがわがままなん」って母に聞いても、

「わからへんの!!あんたはもう!!」って怒るだけやったし。

 

 

何か言うと「わがままで自分勝手」って思われるから、黙っておこう。

そう決めてから、なーんにも考えない・話さない、おとなしい私になったっけ。

 

 

 

 

紆余曲折あって、

人生苦しかったけど、

仕事を辞めたことがきっかけで、

イヤなことができなくなった私。

 

今なら

「わがままやな」

「自分勝手やな」

は、最高のほめ言葉。

 

 

自分の好きなように生きて何が悪いん?

限られた時間、楽しく生きる以外に何があるん?

 

 

私の友だちにひとりっこがいるんだけど、

その子のことも

「ひとりっこはわがままでアカンな」

ってバカにするような言い方をしてた母。

 

だから、子どもがひとりっこで

私はずっと罪悪感を抱えてた気がする。

 

本当はそんなこと全然問題じゃないのに。

 

 

私は子育てのなかで、

娘に「わがまま」「自分勝手」という言葉を言ったことがない。

 

自分が言われてイヤだったから。

 

わがままって親が思うってことは、

子どもが自己主張をしたってことだよね。

それっていいことやん。

子どもにも、自分の考え・意見はちゃんと言って欲しいもん。

たとえ、私と考え方が違ってもいい。

 

 

みんな、どんどん自分なりの生き方しよう^^

 

 

 

 

読んでいただきありがとうございます。
ポチっと押していただけると更新のはげみになります^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。