いつも悩んでいた私が、苦しんでいるあなたに伝えたいこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PPU_pandanookimono_TP_V1

私はいつも悩んでいました。

子どものころからずーっと何かに悩んでいました。

そして、自分が生きていることに絶望を感じていました。

子どものころから「あと何十年も生きるのか…」と考え、絶望を感じていました。

結婚してもそれはかわりませんでした。

子どもができて、少し生きる意味を感じましたが、悩みはいつもありました。

 

 

 

 

そんな私が、悩まなくなりました。

悩んで悩んで、もう悩みつかれた、というのもあります。

でも、一番のきっかけは、本屋さんでの気づきでした。

 

自分も他人も否定して生きてきた

私はありのままの自分では親からも誰からも愛されないと思っていました。

小さいころから親に外見も性格も否定されてきたので、「誰からも愛されない」と私が思うのは仕方なかったと思います。

 

彼氏ができても「いつかこの人は私を裏切る」と思っていましたし、実際、裏切られてきました。

学校の先生や職場の上司から怒られると、自分が悪くなくても「怒らせる私が悪いんだ」って思って自分を責めてきました。

自分を責めすぎて、しまいにはまわりの人も責めるようになって、身動きできない状態に陥りました。

 

自分に自信がないので、イヤなことでも我慢してきました。

ガマンできなくなると、ガマンすらできない私はダメなやつと、自分を責めました。

 

自分も他人も責め続けて生きていても、全然楽しくありませんでした。

 

同情を求めていた

私は「かわいそうな私」に同情してくれる人を探していました。

そういう人とお付き合いをしてきたし、夫もそういう人だと思って結婚しました。

でも、一緒に暮らしだすと夫は「妖怪・かわいそう」な私を切り捨てました。

「お前の言っていることはおかしい。知らん」そう言って、一ミリも同情してくれませんでした。

それで、私も夫とは距離をおいて生活してきました。

悩み相談はできないので一人でウジウジ考えていました。

「もう誰も頼れない!」

そう思って、孤独を感じていました。

実際は、悩みは聞いてくれないけれど、優しい夫でした。

最近やっと心から感謝できるようになりました。

 

 

人生を楽しくないものにしているのは自分自身の思い込みだ!

夫の優しさに気付けるようになったのも、本屋さんでの気づきをえてからです。

めちゃくちゃ最近のことです。

ブログでは前向きなことを書いたりもしてきましたが、心の底からそう思えてなかったんですね。

本屋さんで突然きた気づき。

私の人生をこんなにつまんないものにしているのは、誰のせいでもなく、自分の思い込みだ!

 

それからです。

本当に私は明るくなりました。

悩みをわざわざ作らなくなったし、とにかく笑顔が増えました。

 

 

自己啓発系の本をたくさん読んできたけれど・・・

気づきを得て、暗いトンネルから抜け出たような感覚で生きています。

あっ、抜けた。

本当にそんな感覚です。

今までたくさんの自己啓発系の本を読んできましたが、その内容をやっと心から理解することができました。

あの本に書いてあったことは、そういうことね!

なるほど~。

本に書いてあることは正しかった。

本を読んでも心に届いてなかったなー。

そんな感じです。

 

 

いま悩んでいる人に伝えたいこと

悩んでいる人は、今はとことん悩む時期なんじゃないでしょうか。

とことん悩んだ先に、暗いトンネルから抜け出る瞬間がある。

そんな気がします。

でも、ひとつ言えることは、

死にたいくらいつらい環境からは逃げていいんですよ!

ガマンするのが人生なんて嘘です。

散々ガマンし続けてきた私はそう思います。

人生の9割は逃げていい。

本当に逃げていいと思います。

逃げ続けているうちに、自分に合う環境に出あえます。

耐えることだけが正しいなんて、それはあなたの思い込みです。

Amazonでの評価はイマイチですが、逃げていいんだと自分に教えるにはいい本だと思います。
逃げてもいいんだってなかなか思えないですから。

無料ですので、読んでみてください。
この内容に共感できるようになったら、あなたは大丈夫です。

 

 

親のことが吹っ切れたら、私は怖いものなしです(笑)
ポチっと押していただけると更新のはげみになります^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。