専業主婦になりたかった・・・やっとなれた(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TSU88_kosumosuhataketoonnanoko20141103153654_TP_V

私は公務員時代も転職後も、

「仕事を辞めたい」と思い続けていました。

そして、専業主婦に憧れていました。

 

 

憧れていた理由は。

私の人生に「専業主婦」はありえない。

そう思い込んでいたからです。

 



 

 

なぜ、ありえないのか。

うちは両親が共働きでした。

それでもいつも「お金がない。お金がない」と母は言っていました。

それを聞いて育った私は

「働かないと生活は大変なんだ」

そう思い込んでいました。

 

でも、人に雇われて働くことが嫌いだったのも確かで、

専業主婦になりたいなーって思っていました。

なりたいなーって思いながらも、

「理由もないのに専業主婦をやってる人」をどこかでバカにしていたかもしれません。

 

専業主婦で家にいるのがヒマでつらい、

ダンナが給料を全部渡してくれないからイヤだ、

なんて言ってる人には、

「自分が働きなよ!」って思っていました。

 

 

 

 

矛盾していますね。

専業主婦に憧れながら、すでにそうである人をバカにする私。

 

 

この原因はすべて自分の「思い込み」です。

そう、単なる思い込み。

 

本当は専業主婦になれたのに。

専業主婦でもそうじゃなくても、

どんな生き方も自由なのに。

 

 

「思い込み」ってこわいなぁと改めて思います。

人生の99%は思い込み―――支配された人生から脱却するための心理学

 

ポチっと押していただけると更新のはげみになります^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。