「理想の暮らし」は「理想のおうち」とは別モノ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんまりさんの本を読みました。

読んだのはコレ⇒毎日がときめく片づけの魔法

 

雨漏りがして、もう家建て替えようか…と思ったり

気持ちが揺れちゃったわたしですが。

 

こんまりさんの本を開いて、ゆっくり考えてみました。

にほんブログ村 トラコミュ こんまり(近藤麻理恵)流ときめきお片づけへ
こんまり(近藤麻理恵)流ときめきお片づけ

 

朝起きてから家を出るまで、どんな時間を過ごしたいですか?

夜、眠りにつく前、どんなことをして過ごしたいですか?

何でも実現するとしたら、どんな暮らしが理想ですか?

 

こういうことをゆっくり考えて…

 

朝は、掃除をして家をキレイにして、それからゆったりコーヒーでも♪
体調によっては寝ますが(笑)

 

夜は、子どもと寝ているのでおしゃべりしたり、本を読んだりして眠りにつく。
寝つきがいいので子どもより先に寝ちゃうことが多いです(笑)

 

 

 

 

理想の暮らしは・・・
ここでつい、「理想の家」を考えてしまいがちですが(私はいつもそうでした^^;)
こんまりさんによると

「理想の暮らし」とは理想の時間の過ごし方であって、「理想のおうち」とは別モノ

だそうです。

「理想の暮らし」とは、行動なのです。
「理想の暮らし」を考えるときは、おうちの中でどんな過ごし方をしたいかという、「やりたいこと」を考えるようにしましょう。

 

私がこう過ごしたい!と思う時間の過ごし方をすればいいのですね^^/

なるほど~。

 

でも、こんまりさんはこうも書いています。

理想のおうちをあきらめるなんてこと、していませんか?

 

こんまりさんのお気に入りの一冊美輪明宏のおしゃれ大図鑑に、こうあるそうです。

「美しく、おしゃれな部屋に住んでください。無理に引っ越したり、お金をかける必要はありません。今住んでいるあなたの部屋を、知恵と工夫でつくり替えてしまえばよいのです」

 

理想の家もあきらめなくていい!!
そうか。

雨漏りは修理してもらうとして…
今の家の各部屋を、私の理想の部屋、私が好きな感じの部屋に替えていこうと思います。

 

 

その前にときめかないものとはさようなら(-_-)/~~~します。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク



 

 

ただいま読書中♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。