怒られた娘が学校に行けなくなるくらい疲弊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
P_20150322_141030

娘が学校を休んでいます。

頭が痛いそうです。

 

風邪ではありません。

 

彼女が学校に行けなくなったのは
「母である私に怒られた」から…

 

 

怒ったといっても、激しく叱責したわけでもなく、
理由も言いながら説明したつもりだったんですけどね。

 

その時に娘が泣いていたので、ヤバイなぁとは思いました…

 

案の定、怒った翌日から調子が悪くなりました。

 

 

娘はおそらくHSC(Highly Sensitive Chiid/人一番敏感な子ども)です。

参考⇒敏感すぎて困っている人、それは病気ではありません。5人に一人がもつ特性です。

今日は学校に行きました。ひといちばい敏感な子についてもっと理解を深めよう。

HSCの子は、怒られることが苦手です。
必要以上に疲弊してしまいます。

 

私はそのことをわかっていたのに、
つい、自分の感情で叱ってしまいました。

 

 

 

 

今回の件は、娘の問題でもあり、私自身の問題でもあります。

私もHSP(Highly Sensitive Person)で人よりも敏感です。

私は娘に対し、過保護・過干渉気味で、娘も問題も自問の問題のように受け取って、必要以上に娘に注意をしていたのかもしれません。

 

 

HSPになる原因は遺伝が半分、環境が半分。
おそらく私の母もHSPですから、代々受け継いでしまっているのだと思います。

 

 

 

今回のことでまだ救われたのは、怒られて不調を訴えた娘の異変に私が気付けたこと。

原因は私であっても、以前の私なら「熱もないんだから学校に行きな」って言ってたと思うんです。

 

そうせずに、休ませてあげられて本当によかったなぁと思っています。

 

私も自分がHSPだと知らなかったとき、

かなりしんどくてつらい思いをしてきたので・・・

 

 

問題は、学校。

学校は頭痛を訴えても、熱がないと保健室に行かせてくれません。

今回も娘は休む前日に、担任に「頭が痛い、気分が悪い」と訴えました。

けれども一律の対応しかしてもらえず、何時間もガマンしたそうです。

 

これは私が学校側と話をしなければいけないと思っています。

 

 

 

HSPの人におすすめ

 

 

ポチっと押していただけると更新のはげみになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク



 

 

生き方を変えたい方に

マンガもおススメ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。